PaaSの簡単な比較

Pocket

PaaSがいくつかあるのですが,どれがいいのかよくわからなかったので,比較のために簡単な表を作ってみました.個人的に気になった以下の項目についての表になっています.

  • 無料枠があるかどうか
  • オートスケールするか
  • カスタムドメイン(独自ドメイン)を使えるか
  • 使えるプログラミング言語およびフレームワークは何か

それぞれサービス内容が違うので単純に比較できるものではありませんが,少しでも参考になれば幸いです.

PaaS 無料枠 オートスケール カスタムドメイン 言語/フレームワーク
Google App Engine ※1 ※2 ※3 Go, Java, PHP, Python ※4
Heroku ※5 ※6 ※7 Java, Node.js, PHP, Python, Ruby ※8
OpenShift Online ※9 ※10 ※11 Java, Node.js, PHP, Python, Ruby, Perl ※12
Nitrous.IO ※13 × ※14 ※15 Ruby/Rails, Node.js, Python/Django, Go, … ※16
AWS Elastic Beanstalk ※17 ※18 ※19 Java, Node.js, PHP, Python, Ruby, .NET ※20
Windows Azure (Web sites) ※21 ※22 ※23 ASP.NET, Java, Node.js, PHP, Python ※24

※1 → [出典]
※2 → [出典]
※3 → [出典]
※4 → [出典]
※5 750 Dyno時間/月 → [出典]
※6 「Adept Scale」という add-on で対応可 → [出典1] [出典2]
※7 → [出典]
※8 → [出典]
※9 3 small gears → [出典]
※10 → [出典]
※11 → [出典]
※12 → [出典]
※13 150 N2O units → [出典1] [出典2]
※14 Nitrous.IO自体にオートスケールの機能はないが,別のPaaSにdeployできるので,deploy先のPaaSがオートスケールに対応していればオートスケールする. → [出典]
※15 「Shift」と「Turbo」プランのみ利用可能. → [出典]
※16 「Box Template」として用意されている分.他の言語も利用可能. → [出典1] [出典2]
※17 使用するAWS リソース(Amazon EC2,Amazon S3,…)に対する AWS 無料利用枠の範囲内は無料.ただし Amazon EC2 や Amazon S3 などの主なリソースの無料利用枠を使えるのは,AWS にサインアップした日から 12 か月間のみ. → [出典1] [出典2]
※18 → [出典]
※19 → [出典]
※20 → [出典]
※21 「Free」というレベルが用意されている. → [出典]
※22 「Standard」プランのみ利用可能. → [出典]
※23 「Shared」「Basic」「Standard」プランのみ利用可能. → [出典]
※24 → [出典]