開発実績

化学物質のリスク評価システム(群馬大学 様)
「健康障害防止のための化学物質リスクアセスメントのすすめ方」(中央労働災害防止協会 平成21年3月)をもとに、化学物質の使用状況のリスクレベルを評価するシステムです。

【特徴】

  • 簡単にリスクレベル評価ができます。
    MSDSなど評価に必要となる情報は管理用画面からシステムに登録することができます。そのため、一般ユーザは各自の使用状況の入力のみで簡単にリスクレベルを評価することができます。
  • システム管理が簡単です。
    管理用画面が準備されており、すべてブラウザから操作することができます。リスクレベルの評価に使用するMSDSやドキュメント中の各表などは管理用画面から登録することができます。

予約システム(群馬大学 様)  予約システム(サンプル版)
会議室や共通機器などの予約システムです。ブラウザから予約、予約の削除および予約一覧の確認ができます。

【特徴】

  • 使用を開始するために必要なのはメールアドレスだけです。
    事前のID登録などの準備は必要ありません。そのため、誰でもすぐに使用を開始することができます。
  • 予約者以外に予約を削除できないしくみがあります。
    予約を登録するときにメールアドレスを入力していただきます。キャンセル時には、そのメールアドレスにキャンセルに必要となる情報を送信します。その情報がないと予約を削除することができないため、予約者以外の人がキャンセルをしようとしてもできないしくみになっています。
    予約のキャンセル
  • 導入後のシステム管理が簡単です。
    管理用画面が準備されており、すべてブラウザから操作することができます。そのため、導入後のシステム管理も簡単に行うことができます。
    ※管理用画面については、サンプル版の公開はありません。

機器予約システム(群馬大学 様)
所蔵している機器の予約システムです。ブラウザから予約、予約の削除および予約一覧の確認ができます。予約には事前の準備として、ユーザIDの登録が必要となります。

【特徴】

  • ユーザIDごとの予約制限を行うことができます。
    各ユーザIDには機器のライセンス情報を付加することができるため、ユーザIDごとに予約の制限を行なうことができます。
  • 導入後のシステム管理が簡単です。
    管理用画面が準備されており、機器のシステムへの登録、ユーザIDの登録、ライセンス情報の付加など、システムの管理に関する操作もすべてブラウザから操作することができます。そのため、導入後のシステム管理も簡単に行うことができます。
化学物質使用状況調査システム(群馬大学 様)
化学物質の使用状況を調査するシステムです。入力されたデータは、管理用画面からcsvファイルに保存して使用することができます。