法人の確定申告の概要

今回が弊社の最初の確定申告だったため、法人(株式会社)の確定申告および納税について調べてみました。

まず、どこに対して行うかということですが、国と県と市に対して、確定申告書を提出して、納税をする必要があります。弊社の所在地は群馬県伊勢崎市ですので、国と群馬県と伊勢崎市ということになります。

国と群馬県と伊勢崎市への確定申告の担当は以下の通りです。

伊勢崎税務署
群馬県前橋行政県税事務所
伊勢崎市役所 財政部 市民税課 法人市民税係

国と群馬県と伊勢崎市への確定申告書の提出先は以下の通りです。

伊勢崎税務署長
群馬県前橋行政県税事務所長
伊勢崎市長

国と県と市に対する確定申告書を作成するのですが、国の分の確定申告の書類が一番多いです。

確定申告の対象となる税金の種類は以下の通りです。
(平成26年4月1日以後終了、かつ平成26年10月1日前に開始した事業年度分)

法人税等の会計上の処理の方法は、いくつかあるようですが、損金経理ではなく、納税充当金処理にしました。

「事業税」と「地方法人特別税」は損金算入が認められています。つまり、その金額だけ所得金額が小さくなり、翌年度の法人税や住民税が安くなります。

ちなみに、地方法人税が創設されたため、平成26年10月1日以降に開始する事業年度から、地方法人税確定申告書の提出が必要になります。また、地方法人税が創設されたのに伴って、県民税などの税率が下がるようです。